ローコストの二世帯住宅

ホームへ戻る >  省エネやエコの住宅  > ローコストの二世帯住宅

二世帯住宅二世帯住宅の場合、通常の一戸建てよりも広くて、内部も若干いろいろな工夫が必要となる場合があります。また二世帯住宅というと、平屋住宅みたいな感じの住宅を考える人も少なくないと思います。この場合平屋住宅でも土地の広さによりますが、どちらかというと間取りは広く取りたいイメージがあると思いますので、その分どうしても通常の一戸建てよりも価格が高くなってしまうみたいです。


単純な話ですが、土地代を安く済ませると狭小住宅になりますし、広い家を建てるにはそれなりの土地代がどうしても必要になします。これだけはどうしようもないのでは?と諦めてしまう人もいらっしゃると思います。しかしながら最近では、最初から一緒に住むために建てた、二世帯住宅専用の新築も増えてきています。住宅メーカーがプランニングして建てた住宅なので、通常の二世帯住宅の一戸建てよりも安く購入する事が出来ます。

こういったローコストの住宅は増えてきており、その背景には高齢者の増加も関係しているようです。年老いたご両親の世話をするためにも二世帯住宅を選んで購入する人が年々増加しているようです。そのため多くの購入数を得られると予想されるので、その分価格が下がっているのです。


ちなみに50坪の完全分離タイプの住宅は通常3500万円~4000万円かかると言われていますが、ローコスト住宅なら3000万円以下で購入することも可能です。