仲介手数料を半額に

ホームへ戻る >  省エネやエコの住宅  > 仲介手数料を半額に

住宅を購入する場合住宅を購入する場合にも、賃貸する場合にも少なからず負担となる仲介手数料。しかしこれを半額に抑えることができる場合があります。ではどのような状況において負担を半額に抑えることができるのでしょうか。


半額になるケースにはいくつかのパターンがあります。まず賃貸物件の場合、貸主と借主が折半し合うというケースです。ただし賃貸では借主が支払うのが慣習となっており、このケースは少ないというのが実情です。


それからもうひとつが、不動産業者が買主と売主両方から仲介手数料を受け取る「両手間」の仲介を行っている場合。この場合に買い手をつけるために仲介手数料を半額に設定するケースが見られるようです。このタイプでの半額設定を行う不動産業者も増えているといわれています。

もうひとつが不動産業者の純粋なサービスによって半額に設定されるケース。仲介手数料には上限が設定されていますが、その金額でなければならないということはなくそれ以下の金額でももちろん問題ありません。最近ではインターネットを活用した宣伝広告などによってコストを削減し、それを還元する形で手数料を半額程度にする不動産業者も増えているのです。現在見かけることができる半額設定の不動産業者の多くはこのケースだと思われます。


このように、仲介手数料が半額になるケースにはいくつかのシチュエーションがあります。それだけに半額の物件を見つけた際にはその理由も踏まえておくとより正しい判断ができやすくなるでしょう。