保温性抜群の一戸建て住宅を目指そう

ホームへ戻る >  省エネやエコの住宅  > 保温性抜群の一戸建て住宅を目指そう

マンションマンションと比べると一戸建ては底冷えがするし「何となく寒い」を認識されている方が多いかもしれません。特にマンション暮らしを経験された方が、一戸建て住宅で暮らし始めると、それまでの暖房設備が全否定されてしまうこともあります。玄関エントランスから吹き抜けのある住宅は、特に冷えが強い傾向もあります。


地域にもよるかもしれませんが、一戸建てを建てよう・もしくはリフォームをしようと考えられた際には、保温性の高い住宅を目指すようにしましょう。断熱材には、赤外線反射効果のある物や、保温性に優れたグラスウールを用いたものを導入するとよいでしょう。またペアガラスや二重サッシなどというような断熱効果のある窓サッシ等も保温に優れていますし、結露対策として用いることができます。昨今ではこのような保温性に優れた資材を住宅に使うことで、住宅エコポイントが付与されるという特典もありますので、積極的に導入していく事をお勧めします。

また浴室でも、魔法瓶の性質を応用したバスタブなどの製品も多く取り扱いがありますので、追いだき等の回数を減らすことができますし、いつまでも温かいお風呂に入ることも可能になります。ショールームなどで納得のいくまで見学をされるとよいでしょう。このほかに保温性を高めるために、床暖房システムを取り入れる住宅もあります。冬場に暖かな生活を取り入れたいのであれば、暖房システムなどを住宅に取り入れる事を考えるのも一案ですね。