住宅ローンとは

ホームへ戻る >  省エネやエコの住宅  > 住宅ローンとは

住宅ローン住宅ローンとは、人生で最大の買い物、マイホームやマンションを買うときやリフォームするときに、金銭面でサポートしてくれる仕組みです。また、個人で宅地を取得したり、住宅の購入、新築、リフォームをするために、住宅を抵当として銀行や住宅金融会社からその資金を借りることをいいます。


住宅ローンは、大きく分けると「公的融資」と「民間融資」の2つに分かれます。公的融資には、住宅金融支援機構や年金融資、財形融資、自治体融資などがあり、金利が安いというメリットがあります。しかし、条件や制限が厳しいという側面もあるため、なかなか融資を受けることができないというデメリットもあります。民間融資は、銀行や保険会社、ノンバンクなどが扱っています。条件や制限は公的融資に比べると少なく、借りやすいといえるでしょう。とはいえ、申し込み先の金融機関によって金利が大きく違ってきます。民間融資を利用する際には、金融機関の選択が重要になってきます。

ほかに、住宅ローンの返済の形として、「元利均等返済」や「元金均等返済」、金利形態としては「固定型金利」、「変動金利」などがあります。これらも、各金融機関によっていろいろな違いがあります。住宅は大きな買い物です。住宅ローンを組む際は自分のライフプランをしっかり立てて、それに合う住宅ローンを選ぶようにしましょう。種類はさまざまなものがありますから、比較検討して、ご自分に合ったものを選びましょう。