貸事務所を借りる際の注意点

ホームへ戻る > 貸事務所を借りる際の注意点

デザイナーズ住宅を建てたいなら
乳歯でも早めの矯正を
ダイエットの商品、アブトロ
無痛治療の種類
歯科矯正中の子供が気をつけること

貸事務所といえども、一般の賃貸と同じ、オーナーとの信頼関係が重要です。居住するわけではないため住宅ほど密接な関係にはなりませんが、その分長く使用することになりますから、できるだけ良好な関係を築いておきたいものです。そのためには注意しておきたいポイントもいくつかあります。


まず無理な要求はしないことです。貸事務所の場合は顧客を招く場合もあるなど、できるだけ恵まれた設備や環境が必要になるものです。契約時にオーナーに対して無理な要求を繰り返すと印象を悪くしてしまいますから注意が必要です。


また、他の物件との「二股」にも注意が必要です。せっかく好意的な反応を見せてくれていたオーナーも他の物件と天秤にかけていたことがわかると機嫌を損ねたり、断られてしまう場合もあります。特に交渉が大詰めになった段階では注意が必要になるでしょう。

貸事務所を契約した後も注意が必要です。特に周辺環境への配慮です。周囲に迷惑をかけるような騒音を立てるのは問題外ですが、深夜だろうと早朝だろうとお構いなしに従業員が出入りしているような環境も嫌われる傾向があります。事務所の使用にはある程度のルールを設けることも必要になってきます。


信頼関係が崩れると契約を断られてしまうといったデメリットが生じるのに対し、良好な関係を築いていると値引き交渉などさまざまな優遇を受けることも期待できます。常識をわきまえた付き合い方でよい関係を維持するようにしたいものです。