乳歯でも早めの矯正を

ホームへ戻る >  貸事務所を借りる際の注意点  > 乳歯でも早めの矯正を

子供の乳歯の歯並びが悪いと気付いていても、「どうせ生え換わるから」と放置しておくのはいけません。乳歯で考えられる歯並びの悪さには、交叉咬合などがありますが、このような状態を放置しておくと、後々治療が長期化してしまう恐れがあります。将来にわたって美しい歯並びを保つためには、正しい噛み合わせになるように、幼少期から気をつけていないといけないのです。正しい噛み合わせができるように、矯正しておくべきです。


また、通常3歳程度で終了するはずの指しゃぶりなどの癖が、まだ抜けきっていないために歯並びの悪さが引き起こされている場合があります。そうした、将来にわたって悪影響を及ぼしかねない癖を見つけ出し、治すためのトレーニングを早くから始めることで、永久歯に生え換わってからの成長の阻害を防ぐことができるようになります。

八重歯や出っ歯などのことを「チャームポイントだ」という人もいますが、これらは全て、歯の異常です。矯正しないでおくと、虫歯や歯茎の病気になったり、脳の発育にも悪影響を与えてしまいます。噛み合わせの悪さはいろいろな障害をもたらすものです。放置することで、後々大変な事態になってしまう前に、矯正をしておくことをおすすめします。考慮すべきは、単なる口の中だけのことだけではなく、体全体に影響を及ぼしかねないという点です。噛み合わせの悪さはいろいろな悪影響を及ぼします。逆に正しい歯並びなら、健康に多大な寄与をしてくれます。どちらの状態を目指すべきかは明らかです。