無痛治療の種類

ホームへ戻る >  貸事務所を借りる際の注意点  > 無痛治療の種類

無痛治療にはいくつかの種類がありますが、近年、急速に普及しているのが「痛くない注射針」の利用です。そもそも麻酔というものは、痛みの感覚を麻痺させるために行うものですが、従来の方法ではその麻酔を「注射する際の痛み」が問題になっていました。そこで開発されたのが、各種の「痛くない注射針」です。具体的な方法としては、レーザーを用いた注射や、針の無いもの、極細の注射針を用いた方法などが挙げられます。この他、注射を行う前に「表面麻酔」と呼ばれるスプレーを吹きかけることで、針そのものの痛みを取り除くこともできます。

歯科医によっては、麻酔液の温度を体温と同じ程度に温めることで痛みを減らしたり、麻酔液をゆっくり注入するなど、様々な工夫を行っている場合もあります。また、歯を削る際に生じる音が不快感をもたらし、治療の痛みを心理的に増幅させるケースもあり、治療音を減らそうという観点から無痛治療に取り組んでいる歯科医も多いようです。最近では、エアーを使った治療法なども普及しており、細かな粒子を噴出することで歯を削る技術も用いられています。この方法だと歯科治療で耳にする「キーン」といった高音が生じないため、精神的にリラックスした状態で治療に臨むことができます。


最新の技術としてはレーザーの有効性に注目が集まっています。麻酔だけではなく、歯周病治療、根の治療、歯茎のメラニン色素除去など様々な治療に応用できるため、これからの無痛治療はレーザーを用いたものが主流になっていくと予測されています。