住宅ローンの借り換えとは?

ホームへ戻る >  BBクリームの特徴はオールインワン  > 住宅ローンの借り換えとは?

「一生に一度の高い買い物!」と、多くの人が住宅ローンで借り入れを行なって手に入れるマイホーム。慎重に物件を選択し、ローンも将来のことまで考えて余裕を持って返済できるものを選んだと、その時は納得できても、収入の減少などの経済環境や金利の変動などによって、当初の返済計画が狂いそうになることってありますよね。「今借りてるローンは金利が高いな。もっと金利の低い住宅ローンはないのかな・・・」、もしこんなふうに思ったら、住宅ローンの借り換えどきかもしれません。上手に探せば、今借り入れているローンよりも金利の低いものに借り換えできる可能性があります。


住宅ローンの借り換えとは、ローンを組んで購入した今の住宅に住み続けながら、現在借り入れているものよりもより低金利なローンに変更を行なうことです。今よりも金利が高い状態のときにローンを組んだ方や、変動金利タイプのローンで当初の金利優遇期間が終了して金利がグっと高くなったという方などは、より低金利なローンに借り換えをすることによって、月々の返済額を節約したり、総返済額を場合によっては数百万円も少なくすることができるのです。

この借り換えをするメリットには、返済総額を少なくすることや、長期固定金利に切り替えることによる今後の金利上昇リスクの回避、低金利への借り換えをしても返済期間はそのままとして月々の返済額を縮小することなどが挙げられます。「もしかしたら、うちも借り換えで返済総額を減らせるかも?」と少しでも思ったら、すぐに借り換えを検討するのが賢明でしょう。


ただし、借り換えができるのは、民間金融機関から民間金融機関へ、また公的融資機関から民間機関へ借り換える場合のみです。公的融資機関から公的融資機関への借り換えはできません。また借り換えには事務手数料や保証料などの費用が数十万円程度かかることになります。こうした費用をかけてもなお総返済額が少なくなるのか、しっかりと検討する必要があります。