ホワイトニングのメカニズム

ホームへ戻る >  BBクリームの特徴はオールインワン  > ホワイトニングのメカニズム

歯の黄ばみや汚れの原因は、歯の表面のエナメル質、そして象牙質にあります。エナメル質に付着した黄ばみや汚れは、ホワイトニング剤によって取り除くことが可能ですが、象牙質の黄ばみや汚れは直接白くすることは出来ません。


ホワイトニングを行う時には、35%程度の過酸化水素水や過酸化尿素を使用します。過酸化水素の化学式は、H2O2になります。これが口腔内に入ると、HとHO2になります。HO2が、エナメル質の着色物質に付着し、黄ばみや汚れを取り除きます。この段階を“漂白する”と言います。次に象牙質の黄ばみと汚れも取り除かなくては、白い歯にすることは出来ません。しかし、前述のように、象牙質の黄ばみや汚れはエナメル質のように取り除くことは出来ません。象牙質の黄ばみや汚れが治療を行うことで白くなるのは、エナメル質にコーティングを施すからです。エナメル質にコーティングを施すことにより、光の乱反射が起きます。それにより、象牙質の黄ばみや汚れが白く見えるようになるのです。これらが、歯のホワイトニングのメカニズムになります。

ここで注意しなくてはいけない点があります。エナメル質の着色物質を取り除くことを“漂白”という言葉を使います。この言葉から洗濯時に使用する漂白剤を連想させ、ガーゼ等に漂白剤を塗布し、歯に張り付けてしまう人がいます。危険な行為ですし、間違った対処法です。絶対にしてはいけません。ホワイトニングを行う前に、歯周病や虫歯がある場合は、治療してから始めることがほとんどです。これは、口腔内に疾患があると、ホワイトニング剤がしみて痛みを感じることがほとんどだからです。