住宅省エネラベルのついた一戸建てとは

ホームへ戻る >  水の配達サービスはどこがいい?  > 住宅省エネラベルのついた一戸建てとは

地球環境の未来を考え、さまざまな分野で検討・導入されている省エネ。その考え方は一戸建てなどの住宅建築にも採り入れられていて、最近は省エネ住宅と言われる住居が流通するようになってきました。この省エネ住宅は、家庭から排出される二酸化炭素を減らす対策としてとても有効だと言われています。こうしたことを考えると、同じ建てるなら、また購入するなら省エネ住宅を・・・と考えたくなりますが、そもそも省エネ住宅とはどのような住宅なのかが分からなければ、きちんと選択したり判断したりすることはできません。

たとえば建売住宅の場合、業者などから「省エネ効果の高い住宅ですよ」という説明を受けても、わたしたち一般人には判断する基準が分かりづらいものですよね。そこで、基準として参考にすることができるのが「省エネラベル」です。省エネラベルとは国土交通省・経済産業省によって定められた基準で、省エネ基準をクリアする住宅に対して表示することを許可されたラベルのこと。この省エネラベルの評価基準は、建物の断熱性や給湯・照明などのさまざまな設備機器の性能など、住まいの建材や設備をトータルで評価しているものです。そのため、この基準をクリアしている住宅は総合的に省エネ性能に優れていると言えるのです。


省エネに貢献できる一戸建てを買いたい。そう思ったら、迷わず住宅省エネラベルのついた一戸建てがおすすめ。国土交通省と経済産業省のお墨付きですから、安心して選ぶことができますよ!