注文住宅の建築資材

ホームへ戻る >  水の配達サービスはどこがいい?  > 注文住宅の建築資材

注文住宅はその名の通り、一戸建て住宅において購入者の様々な要望を取り入れることが出来る注文型の住宅です。多くの場合では間取りの変更や外観、設備の指定が出来ることで知られていますが、住宅販売メーカーや工務店によっても標準で使用する資材が一部異なるため、希望があれば変更を申し出ることによって違う資材に変えることが出来る場合もあります。


一般的には無垢材と呼ばれる木材を利用した住宅の人気が高くありますが、無垢材は高価な資材でもあることから、標準建築としては一部でしか使われていない場合もあります。無垢材は住環境にとって非常に適した資材であると言え、こだわることが出来るのであれば、是非採用したいところでしょう。

また、住宅建築に必要なものは木材だけではありません。窓に使うアルミサッシや、トイレや浴室などで使われるタイル、耐震のための鉄骨なども建築資材のひとつであり、この材質のグレードによって注文住宅の価格が左右される場合もあります。


近年の注文住宅においては専用のアルミサッシや建築資材のパーツが用意されている場合も多く、これらを有効に利用することによってコストダウンに成功しています。格安の注文住宅などにおいて、安かろう悪かろうと言う誤解を持たれる方もおられるかもしれませんが、コストダウンの理由は専用の資材、パーツをあらかじめ準備しているなどの努力によるもので、決してクオリティを落としていると言うわけではないのです。